波動商品、気ジェルバランスα、樹液不思議シート

Item Info Agency Company Info Contact Us Home
NihonJel 日本ジェル NihonJel web site http://www.nihonjel.com/
HOME»  バランスα
あなたの新しいイドラマが始まる 気ジェルバランスα

 

バランスα


<食養補助飲料>

バランスαは土壌微生物と共生し培われた

農業技術から誕生しました。

●原材料

自然農法産厳選素材

米ぬか
胚芽
ビワ種
ビワ葉

 

商品開発コンセプト

 


  バランス飲料主原料のお米は私たちにとって最もバランスの良い主食です。

  この貴重な米ぬか、胚芽を有用微生物の力を借りた飲料水の研究開発を行っ

  て参りました。

  そして、成分を安定させるための糖質やアルコール、クエン酸等を一切使用

  せず長期熟成安定により誰にでも摂取できる飲料水が誕生しました。

  突出した甘味、酸味、苦味を持たない製品に致しました。

  そのまま飲むに良し、他の食品や飲料と一緒に飲んでも良し、何時でも何処

  でも摂取出き、継続的に飽きのこない飲料水を追求致しました。
 

 

製法

 

●有用微生物連動製法

 厳選素材の持つ有効成分を180日間の期間をかけて、乳酸菌・酵母・光合成微

  生物の連動作用によりバランスの摂れた熟成飲料を抽出することに成功致し

  ました。

  この製法は土壌微生物と共生し培われた農業技術から誕生しました。

  即ち太陽 (光)・水・土・微生物の関わりを基本原理とする製法です。

●遠州竹炭波動製法

 工場地の竹炭埋設をはじめ、製造工程の随所に使用されており、

  熟成されたバランスαは竹炭の製造工程に再び利用され、遠州竹炭の

  高い品質を支えています。

 

製造工程概要

 

 

バランスα 主な有用微生物

 

●乳 酸 菌

乳酸菌は古くから乳酸飲料のヨーグルトなどで一般的に良く知られています。

乳酸菌は原材料のもつ糖類などを基質に乳酸を作り出します。

またタンパク質をアミノ酸まで分解すると同時に難分解性の繊維質を可溶化

する事で未分解有機物の起こす様々な弊害を取り除き、原材料を発酵させる

ために重要な働きをします。

●酵    母

酵母はお酒やパン製造など様々な用途に用いられ一般的に良く知られています。

酵母は持ち前の発酵力を生かしアミノ酸や糖類、また乳酸菌により可溶化され

た有機物を低分子化すると共に有効な物質を生合成します。

●光合成微生物

光合成微生物は21世紀に向け最も注目されている微生物です。

従来農業生産、水質改善などの分野で利用されてきましたが近年、食品製造へ

の応用や水素を発生する(分類により異なる)ことに注目した電気エネルギー

生産(水素エネルギー)の実用化に向け研究が急速に進んでいます。

光合成は植物が太陽光線を利用して大気中の二酸化炭素を固定し、有機化合物

を合成すると同時に酸素を発生することで一般認識されています。

光合成微生物は分類また環境により異なりますが太陽光線を利用し有機化合物

を合成することが可能な省エネ型微生物と言えます。

乳酸菌・酵母などとの連動活性技術により安定した飲料製造が可能になりまし

た。

バランスαは主に3種の微生物を3次まで連動活性し熟成されます。

 

光合成菌体の一般成分組成例(%)
試   料 粗タンパク 粗 脂 肪 可溶性糖類 粗 繊 維 灰 分
光合成菌 57.95 7.91 20.83 2.92 4.4
7.48 0.94 90.6 0.35 0.72
大  豆 38.99 19.33 30.93 5.11 5.68

 

光合成菌、酵母中のアミノ酸組成例(g/100g 乾物重)
アミノ酸 光合成菌 酵 母
リ ジン 2.8 3.76
ヒスチジン 1.25 0.9
アルレギニン 3.34 2.5
アスパラギン酸 4.56 3.11
スレオニン 2.7 2.65
セリン 1.68 2.75
グルタミン酸 5.34 6.21
プロリン 2.8 1.77
アラニン 4.65 2.86
メチオニン 1.58 0.51
イソロイシン 2.64 2.63
ロイシン 4.5 3.54
光合成菌、酵母体中のビタミンおよび色素含有量(例)
種   類 光合成菌 酵    母
ビタミンB2 3,600 2,900
ビタミンB6 3,000 2,400
ビタミン葉 酸 2,000 1,700
ビタミンB12 200~2,000 1
ビタミンC 20,000 -
ビタミンD 10,000IU 300,000IU
ビタミンE 31,200  
細菌性葉緑素(色素) 56.1mg/g  
カロチノイド(色素) 41.7mg/g  

 

※上表については分析例です。微生物分類および微生物の生育環境により異なります。